社会福祉士 柏木・角筈高齢者総合相談センター

柏木・角筈高齢者総合相談センター(地域包括支援センター) 勤続2年 社会福祉士

柏木・角筈高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)
勤続2年 社会福祉士
職歴:特養介護職員

お仕事内容など教えてください。
主な業務としては、要支援に認定されたご本人様やご家族様と話し合い、生活環境や心身の状況等を踏まえて、介護サービスを利用できるように様々なプランのコーディネートを行います。
また、地域で働いている要介護の方を担当されているケアマネジャーさんのご相談も承っております。その他、認知症担当の事業では、新宿区の事業会議に出席して、他の高齢者センターと連携を取りながら、事業を円滑に進めるための活動をしています。
柏木・角筈高齢者総合相談センター(地域包括支援センター) 勤続2年 社会福祉士
地域包括支援センターとは何ですか?
保健師(若しくは経験豊富な看護師)や社会福祉士、主任ケアマネジャーが配置されていて、地域に暮らす人たちの介護予防に関する相談や日々の暮らしを様々な側面からサポートすることを主な役割としています。
介護だけでなく福祉、保健、医療など様々な分野からご高齢者本人の方はもちろんのこと、ご家族や地域住民の悩みや相談事を話せる「ワンストップ窓口」になっています。私たちに対処可能な「困りごと」は私たちで応じ、医療面など対応できない場合には適切な機関と連携して繋げる役割を担っています。
今のお仕事に就いたきっかけはなんですか?
小学生の頃から介護員になりたくて、介護福祉士と社会福祉士の資格が取れる大学を目指して勉強してきました。その後介護員の現場を経験し、たくさんの利用者様とふれあいながら経験を積んで、さらなるステップアップのため、学生の頃取得した社会福祉士の資格を活かしたお仕事をしたいと思い今の職場に就きました。
柏木・角筈高齢者総合相談センター(地域包括支援センター) 勤続2年 社会福祉士
今の職場の良いところはどんなところですか?
この業界では若い年代の部類に入るので、至らない点ばかりなのですが、ベテランの先輩方が大勢いらっしゃるので、自分が担当するケースだからといって抱え込まず、随時先輩方とも相談しながら仕事を進めていけるのが良いところです。
また、相談者の方のご相談を掘り下げることにより信頼関係が深まるので、やり甲斐を感じることが多いです。施設と違って日々在宅で暮らしている方を応対しているので、「自宅にいながら暮らしが楽になったわ」「よくなったわ」と言われると嬉しいですね。
できるだけ長くその人らしく、ご自宅で暮らせるようにという考えでやっています。
介護員時代でもよいので、何か目標としていたことはありますか?
介護員の時は、トランス(利用者様を抱えて移動させること)を上手くなろうとか、どうやったら利用者様に負担が少なく、尚且つ自分もやりやすい方法は無いかと試行錯誤しました。体格の近い先輩を見てやり方を勉強したりもしました。相談員の仕事では、制度についてわかりやすく説明しようと日々心がけています。
大変だなと思うところはありますか?
地域にはたくさんの高齢者の方がいらっしゃるので、ご相談を受けたそれぞれの方が現状に至るまでに様々な背景があります。その上でご本人様の希望をどこまで尊重するのか、一番いい解決方法をご提案して納得していただくのが難しくもあり、やり甲斐でもあります。
これから働く人たちにメッセージをお願いします。
人生の先輩方と関わる仕事なので、日々学ぶべき事ばかりです。
ハッと気づかされることや、自分の対応を改めさせられる部分もたくさんあります。
仕事が大変なのはどの職種も同じですが、決して「大変そう」とのイメージに囚われることはないと思います。
その人の尊厳やケースによっては命に関わることも多いので責任の大きさも感じますが、やり甲斐もあります。
対応した方に「すごく助かったわ」と言われると、やっぱり嬉しいですからね。